本当にモテる女ってなんだ!?

身の回りの世話はしなくてもいいです

好きな男の彼女になれたことは、女にとってとてもうれしいことです。しかし、彼女になった途端相手の男の世話をかいがいしくしてしまう女も多いです。身のまわりの世話をしたがったり、ときには、ひとり暮らしをしているところに押しかけて料理や洗濯をしたりします。男たちにとって、彼女から尽くされるのは悪い気はしないでしょう。しかし、段々と束縛されているようでうんざりしてしまうのがオチなのです。

≪◆彼女になった途端に好きな男に尽くしたい女≫

好きな男の彼女になれたことは、女として最高の幸せを感じる瞬間です。せっかく彼女になったのだから、あれやこれやと身の回りの世話をしたくなることもあるでしょう。彼にはおいしい料理を食べてほしいし、快適な住環境で暮らしてほしいですからね。

しかし、彼女になった途端に好きな男に尽くすと、高確率で早く振られます。理由は、束縛感です。彼氏彼女の関係は、法律で決められたカップルではありません。もっとライトで、カジュアルな関係に過ぎないのです。なのに、いきなり奥さんみたいなことをされても男も困るだけでしょう。

それに、自分の城に勝手に入り込まれるのを嫌がる男も多いです。彼女のことは好きだけど、必要以上に付きまとわれているような気がすると気持ちも冷めてしまいます。彼には、彼の生活があることをきちんと理解しましょう。尽くし過ぎる女は重すぎて嫌われるので注意してください。

≪◆彼女ヅラで身の回りの世話をするのは止めて≫

男は、自分のテリトリーを荒らされるのを嫌います。彼女ヅラで何でもやってもらうと、自分が何もできない男のような気がしてしまうのですね。特に、若い男は自立心が旺盛ですから、必要以上に世話を焼かれることが嫌なのです。まるで母親のように世話をしてもらうと異性として見ることができなくなってしまうという意見もあります。

身の回りの世話にかんしては、男からやってほしいと言われるまでは手を付けない方がいいでしょう。特に、男が不在のときに勝手に部屋に入り込んではいけません。相手にもプライバシーがあります。女には見せたくないものもあることをきちんと理解してください。

≪>◆両想いになっても相手の生活には入り過ぎないこと≫

確かに、両想いになったことは素晴らしいことです。しかし、両想いになったからという理由で、相手の生活に入り過ぎることはいけません。自分の生活を楽しむことができてこそ、相手にもやさしくできるのです。いつでも彼女がいる状態では、彼氏だって息抜きすることができなくなってしまいます。それでは、決して幸せとは言えませんよね。

彼女になった途端に、まるで免罪符を得たかのように生活に入ってこられては付き合ったことを後悔してしまうものです。まずは、距離感をいきなり縮めないようにしましょう。あれやこれやと世話を焼きたくなっても、ぐっと我慢をしてください。そもそも、世話を焼かないと何もできないような男では、長続きしませんよ。

≪◆まとめ≫

いくら彼氏・彼女の間柄でも、プライベートなエリアまでどっぷりと入ってこられるのは困るという男は多いです。しかし、女は好きな男には尽くしたいと考えるケースが多く、すれ違いが起こります。彼女になったからといって身の回りの世話をかいがいしくする必要は無いのです。いきなり押しかけて料理や洗濯をして満足するのは、大抵女だけです。男にとっては勘弁してほしいと思っているだけに過ぎない現実を知っておきましょう。