「清潔感」なんて人それぞれ

女性ならばどうしても気になる、男性の身だしなみや、部屋の清掃状況。「清潔感」は異性を選ぶときのもっとも大切な要素の1つです。しかし、重箱の隅をつつくように「ここが不潔」と指摘していては、男性もぐったりしてしまいます。多少の寛容さ・あきらめを持つことも、「モテ」を掴むためには大切です。

おまえは俺の母親か

「よく羨ましがられるのですが、僕には幼少時からの幼馴染がいます。しかし、実際にはマンガやドラマみたいに、彼女に対する恋愛感情は湧くことはありません。ほとんど兄妹みたいに感じているせいかもしれませんが…。実は彼女、とても口うるさいんです。
僕の髪型がちょっと乱れていると、『だらしない』、と毒づいたり、車で駅まで送ってあげたときも、感謝の言葉1つなく、『車の中も、もうちょっと片づけた方がいいかもよ』と言ってきたり…。それなりに可愛い顔立ちをしているのに、いろいろな意味で、もったいない、と思ってしまいます。(24歳 食品会社勤務)」

「結婚してもう半年になりますが、彼女がここまで小うるさい女性だったとは思いませんでした。毎晩ヘトヘトになって帰ってきているのに、『部屋に髪の毛が落ちすぎ』だの、『パソコンのキーボードもたまには掃除して。埃がたまってるから』だの、細かいことを指摘してきます。かなりのきれい好きだとは知っていましたが、これには毎晩滅入ってしまっています。
私自身、掃除は嫌いな方ではないので、常にある程度部屋はきれいにしていると思うのですが…男が思う『清潔』と女が思う『清潔』は、まったくレベルが違うのかもしれませんね。何だか最近、彼女がだんだんと母親に見えてきました。(36歳 服飾メーカー)」

自他の区別をつけよう

男性の「不潔感」が気になるのは、よくわかります。しかし、自分が求める「清潔」のレベルを他人に押し付けるのは、正しいことではないはず。あらゆる面で、「自分は自分、他人は他人」と割り切らなくては、異性と付き合っていくことはできません。他人の不潔な点をいちいちとあげつらって攻撃する方が、よほど心が「不潔」です。

「清潔」を重んじる女子力も大事です。しかし、「納得できない面もあるけど、まあ仕方ないや」と妥協できる心を持つことも、「モテ」を引き寄せるためには大切なことです。


Copyright(c) 本当にモテる女ってなんだ!? All Rights Reserved.