男のプライドを損ねる美人

あなたも美人な友達に対して、「この人とは住む世界が違う」という劣等感を覚えたことがあるはず。あまりに美しい女性たちは、男性にも「種としての劣等感」を植え付けてしまいます。無意識に男を傷つけてしまう超絶美人は、意外にも「モテ」とは無縁なのかも…。

俺は…俺は何なんだ?

「この前まで、まるでモデルのような美人な女の子と付き合っていました。『どうしておまえがあんな子と』『驚天動地だ』ともよく言われた、誰が見てもパーフェクトな女性です。

しかし、彼女との関係は長続きしませんでした。捨てられたわけではありません。私のごとき醜い男が彼女と交際していてもいいのだろうか、と悩んでしまったんです。

その足、どこから生えているんだ、というほど長い下半身。それに負けないくらいすらりと伸びた手…彼女を見ていると、自分がこの子と付き合っていることが、奇跡に思えました。そして、長く交際を続けていると罰が当たるような気がしたんです。

別れ際は、かなりこじれました。『私はあなたに好かれるためにいろいろ頑張っているのに…』と目を真っ赤に腫らして泣き、私の胸をバチバチと叩いてくるんです。しかし、私の決意は変わりませんでした。自分は絶対にこの子を不幸にする、とそう思ったんです。消極的すぎますかね。友達には、『それで良かったんだよ』と妙な慰めを受けていますが(笑)

彼女が、その美しさに釣りあった男性と幸せになってくれることを、今はただ願うばかりです。(31歳 銀行マン)」

男はプライドが高い生き物

男性は、自分より優れた女性が苦手なもの。あまりに知的水準が高すぎる女性、そして容姿が優れすぎた女性には、性別を超えてコンプレックスを持ってしまいます。「自分と付き合っても時間の無駄をさせてしまうだけだ」と考えてしまう人も少なくありません。

容姿に自信がない人にとっては、良いニュースかもしれませんね。「美人」という客観的な評価を受けている方は、ちょっとした「スキ」を作るなど、男性のプライドを損なわない工夫をしてください。


Copyright(c) 本当にモテる女ってなんだ!? All Rights Reserved.