男性が惹かれる女性の優しさ

男女ともに、恋人を選ぶポイントとして重要視する優しさ。いくら容姿が優れていたり、経済力が高かったとしても、思いやりに欠け、自分勝手な振る舞いをする人とは、親密な関係を築けませんよね。とは言え、ほとんどの人が「他人には優しくしましょう」と教えられて育っているので、実際に人に優しくない人なんてほとんどいないでしょう。今更、「ただ優しくしましょう」なんて言われてもピンと来ません。そこで、男性が女性を優しいと感じるポイントを、具体的に考えてみましょう。

押しつけがましくない優しさとは

相手のことを思いやる姿勢は、優しい人と認識されるために大切。モテるモテない、という問題だけに関わらず、思いやりがない人とはお付き合いすら長く続きません。相手の立場に寄り添った行動をする人は、誰の目から見ても好印象でしょう。しかし、男性は女性が自分より優れていると実感すると、プライドを傷つけられます。

そのため男性の意図を読みとって、やろうとしていることを先回りして行うことは、禁物。自分自身のプライドが傷ついたり、女性より劣っているような気持ちになり、女性の思いやりに素直に喜べなくなります。

また、考え方や受け取り方が十人十色なように、物事の進め方も人それぞれ。女性が良かれと思ってアドバイスしたり、男性の代わりに作業を行ったりしても、男性のペースを乱し兼ねません。癒やしとなるどころか、イライラの原因になる可能性もあります。

作業に没頭しているときにそっとコーヒーを差し出すと言ったような、リードする男性を陰ながら支える振る舞いをすることが、優しい印象を持たれることに繋がります。こうした控えめな配慮は、一見すると何でもない行為に見えますが、「こうした方がいい」「ああした方がいい」などと言わず、やんわりと心地よく自分を気遣ってくれる女性のサポートに男性のモチベーションは上がります。

男性としてはこうしたサポートがあれば、さまざまな難題や困難にも、意欲的に取り組むことができるでしょう。男性の出世は妻次第という言葉は、あながち間違いではないかもしれませんね。

どんな話も親身に聞く

会話は、人間のコミュニケーションの基本。内容がどんなくだらなく、つまらないものでも、おざなりにならずに話を聞いてくれる人は、誰でも優しいと思うもの。特に、男性には口ではなく行動や態度で表現する方が美徳されています。そのため、愚痴や悩みのような、気持ちに関わる部分がなかなか女性に伝わりません。

どうでもいいことや、自慢話ばかり、と男性の話にうんざりすることもあるでしょう。しかし、本心に関わる部分は、大事なことですから、信頼がおける人にしか話せません。どんな話でも親身に聞いてくれる女性だからこそ、本心を打ち明けられるのです。作業中に話しかけても、作業を止めて耳を傾けてくれるような女性であれば、さらにパーソナルな話を打ち明けやすくなるでしょう。

アドバイスは、男性の話に耳を傾けながら求められたときに押しつけがましくならないようにします。先ほども触れた通り、考え方は人それぞれなので、悩んでいたとしても「こうすべき」というような断定的なアドバイスでは、カチンと来ることも。「私はこう思うけど、どう?」と、自分の意見を伝えながらも、選択肢があるようにやわらかな言い方を心がけてください。

ただ優しいだけでなく、男性を尊重しながら、やんわりとサポートする姿勢でいることで、信頼が芽生えます。「この人がいるから頑張れる」と思うようになり、友人知人としてではなく、パートナーとして傍にいてほしいと思われる可能性が高まります。 優しい人は異性に好印象を抱かれやすいですが、優しい人が必ずしも恋愛対象となるわけではありません。都合のいい人として扱われないように、譲れない部分は明確に区別しましょう。


Copyright(c) 本当にモテる女ってなんだ!? All Rights Reserved.