女性の方から好きと言おう

愛情表現は人それぞれ。頭ではそうわかっていても、もっと愛情表現して欲しい、愛されている実感が欲しいと多くの女性は願っています。男性が「好き」とダイレクトに伝えてくることは稀ですからね。ひょっとしたら、告白されたときしか、言葉で伝えられていないカップルもいるかもしれません。人柄によって愛情表現の得意不得意の差はあるでしょうが、愛する人から「好き」と言われて嫌な気持ちになる人はいません。言葉で愛情を伝えられることによって、愛情が高まり、お互いの仲がより深まります。では、相手から「好き」と言ってもらうためにはどうしたらいいのでしょうか。

男性は言葉での愛情表現が苦手

先ほども触れた通り、そもそも男性は言葉で愛情を伝えることが稀。そういったことが苦手、というのもありますが、男性は愛情を行動で示しています。遊びにくる彼女のために用意したケーキ、仕事で疲れていても夜寝る前の連絡、彼女が喜びそうなレストランを探すこと、などなど。彼女のために行うこと全てが、男性にとっての愛情表現。行動で示すことによって、気持ちを伝えているつもりなので、敢えて言葉にしようという気はなかなか起きません。

しかし、女性の立場からすれば、こうした行動による愛情表現は伝わりにくいもの。優しいな、愛されているな、と感じるものの、言葉で表現されないことに、物足りなさを感じる人もいるでしょう。「愛してる」「好き」というのは、パートナーにだけ向ける特別な言葉ですからね。言葉で表現することそのものにも、意味があります。

自分から相手に好きと言おう

では男性から言葉で愛情を伝えられるためにはどうしたらいいのか、答えは非常にシンプル。自分から「愛してる」「好き」と、愛情を積極的に伝えるようにすればいいのです。

そもそも、相手に変わってもらうというのは難しいこと。相手が変化するまで手をこまねいて待つよりも、自分が相手に合わせて変化する方が簡単です。自分が変わることで、相手の変化を促すことができます。

男性は愛情を言葉で表現するのは苦手ですが、愛情を伝えられることが嫌いなわけではありません。誰だって好きな人に「好き」「一緒にいられて幸せ」など、好意を伝えられれば嬉しいに決まっています。女性の方から言葉で愛情を伝えられることで、相手の男性も嬉しくなるのです。すると、男性は愛する女性にも同じように喜んでほしいと感じ、言葉で愛情表現することに前向きになってきます。

例えば「好き」と相手から言われることで、「俺も好きだよ」というふうに、自然な会話の流れの中で愛情表現ができ、全くそういった会話の流れがないときと比べると、言葉で愛情を伝えるハードルがぐっと下がります。

最初は「急にどうしたの」「ありがとう」なんてお茶を濁したような返事が返ってくるかもしれませんが、それは照れくささが勝っているから。こちらが1回や2回の好きだけで諦めてはいけません。何回も繰り返すことで、彼の方も嬉しくなり、言葉で伝えることの重要性を感じてくれることでしょう。

やがてはこちらから聞かなくても、折りに触れて言葉で気持ちを伝えてくれるようになります。相手に言ってもらうことを待つのではなく、お互いに気持ちを言葉で伝え合える関係を目指しましょう。


Copyright(c) 本当にモテる女ってなんだ!? All Rights Reserved.