毎日会うのは嫌だけど週末はデートしたい

毎日会ってベッタリした仲になるのがうれしいのは、付き合い始めのほんの最初のときだけです。すぐに毎日会うのは恋人同士でも面倒になったり、ひとりにしておいてほしいと思ったりしてしまいます。毎日会わなくても、電話をしなくても恋人同士ならいつでも会えますしね。それに、お互いが好き同士なら何も問題ありません。でも、週末にはデートを楽しみたいのが女心というものなのです。

毎日会うのは束縛されるみたいで嫌

いくら恋人同士でも、毎日会いたいとは思わないものです。付き合い始めならともかく、もう長く付き合っている状態ならば、毎日会わなくてもお互いの存在の重さは感じているのだし、たまに会うだけでも十分に思うことも多いでしょう。

それに、毎日会うと束縛されているみたいで嫌だと感じてしまいます。男も女の束縛を嫌うように、女も男の束縛は嫌なのです。いくら好きな男であっても、束縛がキツイとそれだけで冷めてしまうことすらあります。できるだけ、いい関係を保つためにも、ベタベタしない関係を保ちたいと思うのはごく自然なことと言えるでしょう。

でも、中には「毎日会って愛を確かめたい」なんて男もいます。女の方も同じようなタイプだといいのですが、現実はそう甘くないものです。ベタベタしたい男は束縛もキツイものです。放っておいてほしいタイプが彼女になると、破局は免れないでしょうね。いずれにしても、毎日は会わなくてもいいし、会わなくてもいい関係でいたいと考えている女も多いのです。

週末には恋人としてのデートを楽しみたい

でも、まったく会わないというのも嫌なのです。恋人同士なのに、まったく会わないのもさびしいですからね。毎日会わなくても、週末には恋人として楽しくデートをしたいのが女心というものです。

週末には、2人だけの時間を過ごしたいし、いろいろなところに出掛けたいと思うものです。普段はベッタリしなくても、週末だけはイチャイチャしたいと思う女も多いです。メリハリを付けた付き合いをしたいということですね。いつでもベッタリでは飽きてしまうし、かといって離れてばかりでは付き合っている意味がありません。

ひとりの時間を尊重しつつ付き合いたい

大人になると、自分の趣味に時間を掛けたいと思うものです。もちろん、彼と一緒に楽しむことができる趣味もあるでしょう。しかし、男と女では興味の対象が大きく異なることがあります。彼と一緒よりも、友達と一緒の方が楽しめる趣味もあるのです。相手のことを理解できるのなら、趣味も尊重してほしいと思ってしまうのですね。

実際、ひとりの時間を尊重しつつ付き合いたいのです。長く付き合うためには、お互いがお互いにひとりだけで過ごす時間も大切にしないと破たんしてしまいます。ひとりの時間を大切にできるからこそ、2人の時間を楽しむことができると考えればいいのです。

何でも2人でいたいとか、恋人だからいつも一緒にいて当たり前なんて考えていると飽きられてしまいます。本当に好きな相手なら、相手の自由も考えてあげましょう。相手が自分の時間を楽しめる余裕があるくらいが、うまくいくコツなのです。

まとめ

恋人どうしてもあまりにベタベタした関係は、多くの人がすぐにあきてしまいます。毎日電話したり会ったりするのを要求されると、冷めてしまうものです。でも、週末には恋人同士としてデートを楽しみたいと思うのが女心というもの。好きな相手とは、ひとりの時間を大切にしつつ長く付き合っていきたいからデートは週末だけでいいという感じですね。決して相手を嫌いというわけではなく、むしろ好きだからこその思いを尊重しましょう。


Copyright(c) 本当にモテる女ってなんだ!? All Rights Reserved.