元カノの話をするなんて無神経すぎる

元カノの話を無神経にしてくる男は、割といます。もう終わったことだからと安心しているのでしょうが、聞かされる方は気分が悪いものです。女にとって、元カノの話をしてくる男は無試験でイラつくだけです。好きな男の過去の女を知りたくないし、知らされてもどのような反応をすればいいか困ってしまうのです。もう少し女心をわかってあげるべきでしょう。

元カノの話を聞いてもつまらない

女にとって、好きな男から元カノの話を聞かされるのは地獄に過ぎません。もう終わった女の話を意気揚揚としている男にかんしては腹立ちもしますし、悲しみも覚えるものです。それに、元カノのことが共通の知人ならまだしも、まったく知らない相手のことを延々と聞かされても困りますよね。

知らない相手のことを話されても興味が無いし、つまらないと感じてしまいます。今の彼女は自分なのに、自分の話ではなく元カノの話をするのはどういう意味なのだろうと考えてしまうこともあるでしょう。はっきり言って、元カノの話は地雷です。どんなに仲良くしているカップルでも彼女から愛想を尽かされてしまうことでしょう。

反対に考えてみればわかります。彼女に、元彼の話をされて気分がいい男がいるでしょうか。残念ながらいませんよね。自分が好きな女に男の影がちらついているのは、気分が悪いだけです。同じように、女も自分が好きな男の過去の女など聞きたくないのです。わざわざ知らされなくてもいいのに、と苛立つのは仕方がありません。

元カノの話をする男は無神経

そもそも、元カノの話をする男は無神経過ぎます。自分が反対の立場だったら絶対に嫌がるであろう話を、彼女にするという神経がわかりません。自分がモテると言いたいのか、元カノが忘れられない気持ちの表れなのか、いずれにしても無神経であることには変わりません。

それに、元カノの話をするということは、自分も将来別れたら新しい女に話をされるのかと思うとぞっとします。人の話を軽々しくほかの人に伝える、しかも彼女にするなんて人間として疑ってしまうレベルです。元カノの話にかんしては、今の彼女としては聞きたくない話なのですから、男たちは肝に銘じておくことです。

元カノと比べられていると感じる女心

元カノの話を出されて気分が悪くなるのは、男が意識的であっても無意識であっても、自分と元カノを比べられていると感じるからです。顔や体、あるいはセックスにかんしてもいちいち比べているかも、と思うと気持ち悪いですよね。

女が嫌なのは、ほかの女と比較されることです。好きな男にされているとしたら、これほど悲しいことはありません。元カノの話を平気でするぐらいの無神経さなのですから、当然比較しているのではないかと疑ってしまうわけです。いずれにしても、完全なタブーであることは間違いありません。

男にとっては、ついうっかり元カノの話を引き合いに出してしまったというレベルかもしれません。しかし、女はいつまでも覚えているものです。悲しみやいら立ちが重なっていつか別れの原因にもなる可能性があるので注意しましょう。

まとめ

今の彼女を大切にしたいのなら、元カノの話はしない方が賢明です。多くの女は、好きな男の過去の女については知りたくもないのです。今を大切にしてくれない感じがして、傷付いてしまうのが女心というものです。元カノの話は、ついしてしまうという男も多いかもしれませんが、彼女は傷ついていることを自覚しましょう。過去は過去と割り切って、忘れてください。

Copyright(c) 本当にモテる女ってなんだ!? All Rights Reserved.