魅力的な笑顔を作る表情筋トレーニング

涙は女の武器、とはよく言いますが、笑顔だって女性の武器。笑顔が魅力的な女性がいるだけで場の雰囲気がぱっと明るくなり、男性の目を惹きます。一方で、笑っているのに笑っているかどうかわからないような表情が乏しい人もいます。もともと感情の起伏が緩やかな人は例外として、同じように笑っても人によって笑顔の印象が大きく異なるのは何故なのでしょうか。私たちの表情を作る表情筋に注目して考えていきましょう。

表情筋とは?

表情筋とは、目、鼻、口など顔中の至るところに位置し、表情を作り出す筋肉。表情筋は60種類もあるうえ、一般的な筋肉は骨同士を繋いで体を動かすのに対し、表情筋は皮膚と直に繋がり、繊細な動きを可能としています。人によって笑顔の際に筋肉の使い方が異なってくるため、結果的に同じ笑顔でも印象ががらりと変わるのです。

とは言え、日本は欧米の人に比べると、表情に乏しいと言われています。これは、欧米人よりも日本人が表情筋を使っていないから。欧米人が表情筋を60%使用しているのに対し、日本人は20%しか使用できていないと言われています。表情筋が顔を動かすのですから、表情筋の動きが少ないと顔のパーツの動きが小さくなり、せっかく笑っていても、見る人に暗い印象を与えてしまいます。

また、表情筋は顔の皮膚の土台を支える部分。若いうちは肌に張りがありますが、加齢とともに重力に負けて肌は下がって弛みやシワの原因に。加齢で衰えた肌を表情筋か支えることで、シワや弛みを抑える効果があります。

しかし、表情筋も肌と同様に加齢で衰えます。日本人は日頃の表情が控えめで、表情筋の使用も少ないので衰えやすく、シワや弛みが出てきて年齢を感じる顔になるのです。ただし、筋肉は加齢とともに衰えるのと同様に、トレーニングで鍛えられ、フェイスラインを引き締められます。表情筋は、60日ごとに新たな細胞へ生まれ変わるので、トレーニングは何歳から初めても遅くありません。

表情筋を鍛える方法

本格的な表情筋を鍛える前に、まずはウォーミングアップを始めましょう。

◇1.目、鼻、口、額等、顔のパーツを鼻のあたりに、コンパクトにまとめるように意識します
2.そのままの顔を5秒キープし、その後顔の力を抜きます
3.次は1と反対に、顔のパーツを外側へ引っ張るようなイメージで引き離します
4.5秒間、そのままの顔を維持し、顔の力を抜いて楽にします

このトレーニングは表情筋全体をほぐす運動なので、時間がない場合は、このウォーミングアップだけでも構いません。本格的なトレーニングを行うときは、事前にこのウォーミングアップをしっかり行いましょう。1から4の動きを何回か繰り返すと顔が温まってきますので、そこから本格的な表情筋のトレーニングを行うようにします。

◇フェイスラインを鍛えるトレーニング
1.唇を尖らせて頬を引き寄せて5秒間そのままで維持し、ゆっくりともとに戻します
2.頬を膨らませて同じように5秒そのままでいた後、ゆっくりと戻します
3.5回ほど1~2を繰り返します

◇口周りを鍛えるトレーニング
1.唇を前方に出しながら口を横に広げます
2.1の口を5秒維持した後、口を戻します
3.唇を口の内側に巻き込み、5秒そのままの口を維持した後、もとに戻します
4.1~3を5回ほど繰り返します

表情筋のトレーニングも一般的な筋トレと同じように、即効性はありませが、美容は毎日の積み重ねが大事です。表情筋を鍛えることは、表情筋の可動域を広げることになるので、若々しい顔を維持するたけでなく、表情の幅を広げます。笑顔が固かった人も、より柔らかな笑顔ができるようになるでしょう。表情筋を鍛えて、また会いたくなるような魅力的な笑顔をめざしましょう。


Copyright(c) 本当にモテる女ってなんだ!? All Rights Reserved.