痩せるだけじゃダメ!美肌のための栄養素を覚えておこう!

美しいお肌を保つこと、それはイイ女の条件です。痩せて美しいスタイルになりたい、そう思っている女性は世の中にたくさんいます。それと同時に「美肌」というのは女にとって永遠のテーマですよね。実は痩せることと肌の若々しさというのは両立しがたいものだと知っていますか?一気に痩せようとして極端な食事制限をしている人は特に肌がボロボロになりやすいんです。スタイルを維持しつつ美肌を保つために、食事の栄養素に気をつけてみましょう!

抗酸化作用のあるビタミンA!

美肌を保つキーワードの一つといえばアンチエイジングです。お肌の老化を防いでハリとツヤを維持するのに有効なのがビタミンAになります。抗酸化作用が高く、肌や粘膜を強くして肌の老いを止めてくれるという効果があるのです。また一度にたくさんとっても大丈夫な栄養素なので、毎日摂取するのが難しいという人は気がついた時にたくさん食べてみるなんてこともできます。
ビタミンAが豊富な食材は鶏レバーやうなぎといった動物性の食品、人参や春菊やほうれん草といった植物性の食品も美肌に役立ちます。特にオススメなのが加熱処理をしてもビタミンが壊れにくいカボチャです。煮物やスープなどにしてホクホクの甘みを感じながら美肌を守っていきましょう。

美肌と言ったらやっぱりビタミンC!

お肌のために良いビタミンの代表といえばビタミンCでしょう。メラニンの沈着を抑え、余計な色素を薄くしてくれるという作用もあります。年齢とともにできやすくなるシミを防ぐのに役立ちますので、アラサー以降は特に意識して摂取したいものです。ビタミンCが豊富に含まれる食材はブロッコリーやゴーヤといった野菜類です。またレモンやキウイなどの果物にもたくさん含まれています。
ビタミンCの特徴として加熱調理に弱い点と摂り溜めができないという点があります。お肌の調子を上げたいという時は毎食摂取するくらいの意識を持っていきましょう。

タンパク質もお肌の友なんです

肉や卵というのはなんとなくダイエットの敵というイメージがあるかもしれません。しかし適度なタンパク質の摂取はお肌にとって大切なことになります。髪も爪も肌も筋肉も、私達の体を作っているのはタンパク質です。ダイエットのためだからといってお肉や卵を敬遠してしまうとパサパサの髪の毛やカサついたお肌を生み出してしまいます。たくさん摂り過ぎる必要はありませんが、1日1杯の牛乳を飲む、あるいは3食のうち1食は赤身肉や魚を食べるといった意識を持つようにしましょう。

過度の食事制限は絶対にダメ!

痩せること=美しいことという幻想を抱いている女性はたくさんいます。確かに肥満よりは痩せている方がいいに決まっていますが、だからといって極端にガリガリになると男性は興味を持ってくれません。それに食事制限をしすぎてしまえば栄養バランスが崩れてしまいあなたがイメージする美からは遠ざかってしまうものなのです。ダイエットをするならば栄養バランスを考えて、特にお肌のことを大切にするような食生活を心がけましょう。


Copyright(c) 本当にモテる女ってなんだ!? All Rights Reserved.