ベッドの上の完璧で残念な女性たち

ベッドに熟練した女性も、決して少なくないでしょう。セックスに才能がある、クラシックな表現で言えば「床上手」な女性たち…しかし彼女たちもまた、男性にはあまり好印象を持ってはもらえません。下のような意見もあることを、よく覚えておきましょう。

そんなに経験豊富なの?

「私の彼女は、まだ19歳です。年の差が15歳もあるのですが、ベッドではいつも彼女にリードしてもらう形で事が進んでいきます。これって、年上の男からすると情けないことで…。確かに気持ち良くはしてくれるのですが、男のメンツは丸つぶれです。俺だって本気を出せば、と思うのですが、根がMなこともあってか、どうしても彼女主導のセックスになります。

まだ10代のくせに、いったいどれだけのセックスを経験してきたんだろう…そんなことも考えて、複雑な気持ちになります。顔は可愛いので、別れるにはもったいないのですが、もっとウブな女の子とも遊んでみたいな…(34歳 広告代理店勤務)」

「この前、ネットで知り合った30才前後の女性とデートして、流れでセックスまでしてきました(笑)どうしてネットでセックスの相手を探さなければならないのだろう、と疑問に思うほど美人タイプの女性で、まあ、ラッキーと言えばラッキーだったのですが…。ちょっとげんなりとすることもありましたね。

幻滅したポイントは、ベッドでの彼女の手馴れた振る舞いです。セックスまでの流れもとても速いし、こちらからは求めてないのに全身をくまなくリップしてくるし。他でもこういう遊びをしまくっているのかな…と悲しくなってしまったわけです(笑)

ちなみに、気後れした私は少し勃ちが怪しかったのですが、私のふにゃちんを見ると、彼女は至極残念そうな表情。このときは幸い、専門クリニックで処方してもらったバイアグラの在庫があったので事なきを得ましたが、もし持っていなかったら可哀想なことをするところでした。(42歳 会社役員)」

床上手は、床上手じゃない!?

パーフェクトなセックスができる女性が、必ずしも男性を満足させられるとは限らないようです。むしろ男性の精神を満たすのは、ベッドに慣れていない女の子なのかも。もしあなたにほとんど経験がなくても、安心してください。経験不足は、「武器」となりえます。


Copyright(c) 本当にモテる女ってなんだ!? All Rights Reserved.