+

いつまでもセックスを楽しむ秘訣

恋人や夫婦にとって、2人の関係にひびが入る原因になりかねないマンネリ。新婚やつき合いたての頃は、2人でいるだけで幸福を感じていたのに、次第に当たり前になってきます。セックスも同様で、関係が長く続くにつれ、お決まりのパターンばかりでは楽しめなくなります。セックスは愛し合う2人の間だけのコミュニケーションなのですから、いつまでも仲良く行為を楽しめる関係でいたいもの。マンネリに負けず、いつまでもセックスを楽しむためには、どうしたらいいのでしょうか。

女性も男性に尽くそう

控え目なのが美徳とされる日本の女性。セックスでも積極的になるのは、なんとなく抵抗があります。確かに、セックスは男性が男らしさを示す絶好の機会ですから、女性が仕切るほど積極的に動いては、男性のプライドを傷つけるリスクが出てきます。

しかし、あまりにも反応を示さないのは、マグロと呼ばれ敬遠されたり、「あまりに行為が好きではないのかな」と思われたりするかもしれません。主導権を握るまでとは言いませんが、女性も積極的になることが行為を楽しむ秘訣なのです。

大切なのは、パートナーの男性にも気持ち良くなってもらえるように、意識すること。一般的に前戯から挿入、射精が行為の流れですが、男性は挿入して射精できれば、快楽を得られます。それでも前戯を行うのは、女性に自分と同じように、気持ち良くなって欲しいと願っているからです。それなのに、女性が固まって男性に何もしないままでいれば、男性の気持ちが報われません。自然と前戯も短くなり、流れ作業のような行為になってしまいます。

女性側も、男性の思いやりに答えて、男性が気持ち良くなるように尽くしましょう。女性が男性を楽しませようと尽くすことで、男性も女性へお返しがしたくなります。お互いが、自分の手で反応を示すパートナーを目にすることで、さらに盛り上がり、じっくりと楽しむようなスタイルへと変化します。

男性が気持ち良くなる触れ方がわからない場合は、「どうしたら気持ち良い?」「これはどう?」などと素直に尋ねてもいいでしょう。そもそも、人によって感じるポイントはさまざまなので、聞くことは恥ずかしいことではありません。お互いの体への理解が深まることで、セックスがどんどん楽しくなります。

五感の刺激を取り入れる

スキンシップがメインのセックスですが、より盛り上がるために演出をこだわるのもオススメ。セクシーな下着を着用したり、集中の妨げにならない程度の明るさの中で行為をしたり、普段と違う要素を取り入れることで、新鮮味のあるセックスが楽しめます。

また、それまでにない要素は、マンネリを防ぐエッセンス以外にも、新たな快楽を発見するきっかけになることも。プレイ以外にも、視覚、嗅覚など五感を利用した演出を試すのはセックスを充実させる上で有効です。

試してみたいことがあれば、パートナーと相談しながら挑戦してみましょう。パートナーと相談することによって、お互いに行為に積極的な姿勢ができ、セックスに関して不満が溜まりにくくなります。初めて挑戦するプレイの中には、刺激的過ぎて恥ずかしさが勝ることもあるでしょう。

しかし、気持ちいいに反応を隠すのは禁物。男性は女性の反応を見て、さらに興奮します。お互いに盛り上がるためにも、素直な反応を心がけるのが大切です。

ただ、マンネリな関係が続いていると、行為に消極的になり、男性がEDとなっていることもあります。病院に行けば症状に合った治療をしてくれます。バイアグラを始めとした治療薬を利用するかどうかも含めて、まずは相談するだけでも診察を受けてはどうでしょうか。セックスは快楽を得られるだけでなく、愛情を確認する手段でもあります。行為のマンネリを防ぎ楽しめるよう工夫することが、お互いの関係をより良いものにするでしょう。


Copyright(c) 本当にモテる女ってなんだ!? All Rights Reserved.