+

言葉のテクニシャン

女性がセックスに求めるのは、常にどれだけ満足を得られるかということです。男性は、性欲を満たすためなら自分でもオナニーして発散しますが、女性はセックスをすることで綺麗になると言われていますから、男性よりも貪欲なのかもしれません。

言葉はときに最大の快楽ツールになる

男性は女性とのセックスに対してどのようなものを求めているでしょうか。処女のように大人しく男性を受け入れるのを好む方もいれば、女性に淫乱さを求める人もいるでしょう。

女性をベッドに誘ったときの最大の楽しみは、「こんな女性がこんな大胆なことを!?」という変化ではないかと思います。いつもは大人しい女性が、こんなみだらなことを、というギャップにこそ興奮のポイントがあるのではないでしょうか。

その中でも、普段は絶対口にできないようなエッチなワードをどんどん口にする女の子と出会ったときにはよりエキサイトしてしまいます。言葉は興奮を高める快楽ツールになりえます。

今度は私の番…積極的な女性たち

初めてセックスをした女性との一夜のこと。普通に女性を愛撫していると、クルッと体勢を替えられたかと思うと、「今度は私の番」と言いながら上になられて一方的に攻められました。意外と積極的なんだな、と思ったのもつかの間、2回戦に突入するとますます言葉で自らを駆り立てるように「入ってるところ見てるの!?見えてる?」などとヒワイな言葉を連発してこちらを挑発しだしました。

女性が自らヒワイな言葉を連発するというのも、普段だったら引いてしまう気がしますが、ベッドの上では大歓迎です。その女性は「こんないやらしいことしてる!」と自分で言いながら興奮しているようでした。「これから2人でたくさんエッチなこと覚えようね」などと言いながら自分でも盛り上がっているようでした。女性が淫乱に変わる瞬間とは面白いものです。

風俗嬢でも、言葉を巧みに使う女性もいます。「こんなことばかり普段から考えているんでしょ!?」と上になって攻めながら言ってくる女性には、素直に普段からエロいことばかり考えてる、と応えるとますます言葉攻めをしてくる場合があります。Mっ気のある男性は良いと思いますが、あまり女性に攻められることを好まない方にはおすすめしません。

女性の中には天才的にエロい言葉をポンポン出してくるタイプがいますが、どこでどのように学んでいるのでしょうか。AVのようなセリフでもなく、その場に合わせたアドリブで飛び出すエロワードほど興奮させられるものはありません。

男性も、女性とベッドインしたときには女性が興奮するような言葉をたくさんかけてあげるのもテクニックのひとつなのかもしれません。AV動画を見たりするだけでなく、広辞苑などを引いてエッチなボキャブラリーを増やしてみるのも良いかもしれませんね。


Copyright(c) 本当にモテる女ってなんだ!? All Rights Reserved.